「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2007年 01月 31日

これがダンクーガノヴァの顔です

f0123531_11264293.jpgピコピコピコ……
ミナサン、マタお会イシマシタね。

「ドラゴンハイブ」1のもてもてロボット、O―Gデす。

ピコピコピコ……
な、ナンデスか? ソノ、沈黙は?

ナニ? クダラナい話ヨり「ダンクーガ製作レポート」を、ハヤく始メろ?
チッチッチっ……
オ客サん、意外ニ、つんでれデスね。
ソンナ事言ッテも、ワタシのミリキにめろめろナノはばればれデスよ。

アワワわ、物を投ゲナイで下サい。

デ、デハ、今週のレポート、「キャラクター編」行ッテミマしょ~
ピコピコ~

「さて、ストーリーの方向性も決まり、首藤氏のシナリオが1話、2話と上がっていきます。
 それを元に発注されたのがキャラクターです。
 デザインしていただくのは旧ダンクーガでもキャラクターデザインをしていただいたKAZZさんです。

 文章上のキャラクターはスタッフの中で各々違う形を想像されています。
 それを全員が共通認識を持ち、そして新ダンクーガのメインビジュアルとなる登場人物たち……。
7月半ば、待ちに待ったキャラクターデザインのラフが届けられました。

それはまさに、誰もが思いもしなかったデザインでした。
二人の美少女に二人の美少年……。
 
 会議は困窮しました。
『これがダンクーガのパイロットになりえるのか?』
それは、旧ダンクーガを知るたちの意見でした。
余りにも線が細すぎる、可愛すぎる、少なくとも一人はホームレスなのにキレイ過ぎるだろう。
反対意見が矢継ぎ早に上がります。

しかし、KAZZさんの意志は固かったのです。
今、ダンクーガに乗れるキャラクターはこの子たちしかいない!
 この新しいキャラクターたちこそが新しいダンクーガを駆るに値する存在である、と
 大張監督もKAZZさんと同意見でした。
 そして首藤氏も、設定として若い世代が大人と認められた世界のキャラクターならこれでアリでは
ないだろうかと賛同しました。

この二人の意見が決定打となり、KAZZさんのデザインがクリーンナップされることとなりました
そして、この4人を中心として、田中さん、ルゥ、エイミーたちと多彩なキャラクターたち
が生み出されていったのです。
 彼らがモニターの中で大暴れするまであとわずかです!
f0123531_1159579.jpg

ピコピコピコ……
「ダンクーガ製作レポート」第二回、イカガデシタか?

サア、次回は、オ待タせシマシた、メカニック編デす。
ダンクーガと言エば、メカ、メカと言エばダンクーガです。

ゴ期待下サい。


ピコピコピコピコ……
[PR]

by ashipro | 2007-01-31 11:32
2007年 01月 22日

はじめまして。 O-Gです!

f0123531_1252681.jpgピコピコピコ……
ハジメマシテ、ワタシはO―Gとイイマス。
「ドラゴンハイブ」1の頭脳とイワレル、最新鋭ロボットデす。
コノ度、タッテの願イで、コノ「ダンクーガ製作レポート」のコーナーを担当サセテイタダキマす。

ピコピコピコ……
な、ナンデスか? ソノ、疑ワシソウな、目は?
マルでワタシが、ムリヤリこのコーナーを占拠シタミタイじゃナイデスか。

アウウ……、そ、ソンナ事ナイデす、カラね。

デハ、早速、今週のレポート、行ッテミマしょ~

「2006年6月某日、西荻窪の葦プロダクションに数名の人々が集まってきました。
 脚本家の首藤剛志氏、三井秀樹氏、葦プロダクションのSプロデューサーに企画営業のC氏、M氏、Y氏。
目的は言うまでもありません、ダンクーガプロジェクトを始めるためです。
テレビシリーズとして22年ぶりに蘇るダンクーガ、それはどんな形になるのか、どんな物語になるのか。
話は「ダンクーガとは、そして、ロボットアニメとはなんなのか?」というディスカッションから始
まりました。
そもそも、何故ロボットは戦うのか? そのための敵とはなんなのか? なんで戦わなければならないのか?
いわゆる、ロボットアニメならお約束の一言で終わってしまう部分にまで疑問を呈する首藤氏。
そこから今までにない何かを作りだそうという気迫に満ちています。

そしてミーティングを重ねるうちに、首藤氏から一つの提案が出されました。
「紛争を継続させるために存在するダンクーガ」
それは今までにない新しいロボットアニメの形でした。
敵を持たず、倒すわけではなく、絶対的な力を持つ存在。
しかし、それだけではドラマが成立しません、そこから何故、紛争を継続させるのか? なぜ無敵なのか? 数々の理由づけが産まれ。そして消えていきました。
そして導き出されたストーリーはあと、一ヶ月後、皆さんの前にその姿を現します。
お楽しみに

更に、首藤氏のパターンへの疑問は収まることがありません。
なんで、パイロットは機体を簡単に交換してはいけないのか?
なんで、同じ戦闘服を着ているのか?
なんで、簡単に正義の味方になってしまうのか?

それらの答えも、見所の一つです。


ピコピコピコ……
「ダンクーガ製作レポート」第一回、楽シンデイタダケマシタデショウか?
今回は、すとーりー製作にツイテオ話シマシた。

次回はきゃらくたーにツイテお話シタイと思いまス。

次の更新を、オ待チ下サい。


ピコピコピコピコ……
[PR]

by ashipro | 2007-01-22 11:59